審査で人気の東京スター銀行おまとめローン情報のまとめ

キャッシングの利息の安さや特典目当てで、2つ、あるいはそれ以上の会社に常に借り入れ残高がある状態が続くと、やがて利息分の負担が厳しくなってきて息苦しさを感じるようになってきます。

そんなときにお勧めしたいのが東京スター銀行の「おまとめローン」です。

いくつかのローンを新たな1社にまとめることができるのでとても便利です。

まとめることで金利分の負担が増えることは、今後一切なくなるので、返済そのものがラクになってくると思います。

急にお金が必要だといった時には即日キャッシングが非常に便利で味方になってくれます。

申し込みをしたその日のうちにただちに借り入れが出来ますので非常に助かります。

しかも土曜日曜でも関係なく無人契約機を利用して契約ができますし、隣り合うATMで借り入れが出来るのです。

年金受給者にキャッシングの資格があるのなら、生活保護受給者にもその資格があるのは当然だと思われがちですが、残念ながら生活保護を受けている方はキャッシングは利用できません。

でも、いくらキャッシングでお金を借りたいからといって、収入があると偽ってキャッシングの申請を行うことは厳禁です。

嘘が明るみになれば、生活保護が打ち切られます。

東京スター銀行の借入返済はATMから現金を使ってみたりして隠蔽工作しても、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。

このように、生活保護受給者のキャッシングは基本的にできないようになっています。

なお、逆に積極的に融資を持ちかけるような業者は悪徳な金融機関や闇金なので、使ったが最後、人生が狂ってしまうでしょう。

当たり前のことだと思いますが、お金を借り入れる前には各サービスの特徴を理解しておくのが良いでしょう。

ネットを使って手続きが簡略化されているものもありますし、近所のコンビニATMから貸付金を引き出せるサービスも増えています。

複数のキャッシング業者の情報を収集し、それぞれを比較して最適なサービスを選びましょう。

例えば、総合情報サイトや経験者がレビューを寄せているサイトを参考にすると、分かりやすいと思います。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借り入れの総額がどれくらいになったら、おまとめローンを検討したほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

東京スター銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融は東京スター銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

参考:東京スター銀行おまとめローン審査評判は?評価高い?【申込流れ】

東京スター銀行にはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

埼玉りそな東京スター銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、東京スター銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数から借り入れている多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済総額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。